家をリフォームする前に知っておきたい次世代住宅エコポイント

広いリビング

次世代住宅エコポイントを申請出来る基準

考える女性

2019年の10月からの消費増税を受け、国の支援制度の一環として次世代住宅エコポイント制度がスタートしました。この次世代住宅エコポイント制度は、新たに家を建てたりお住いの家をリフォームする人の支援を行う物で、この制度を活用する為にはいくつかの基準が設けられております。又、新築住宅を建てる場合と既にお住いの家のリフォームでは、貰えるポイントも異なっております。
新築住宅を対象としたポイント制度は、住宅を新築する人や新築分譲住宅を購入する人が対象となっており、その住宅せ生活する所有者が決められた期間内に契約及び着工する事が必要となります。
又、2019年10月1日以降に住宅の引き渡しを受ける人が対象で最大で35万ポイントを貰う事が出来ます。一方、リフォームを行う場合は住宅のリフォームする人が対象となっており、こちらも決められた期間内の契約と着工、2019年10月1日以降に引き渡しされることが条件となります。貰えるポイントはリフォームの内容によって異なりますが、最大で60万ポイントを貰う事が出来ます。これらのポイントは次世代住宅エコポイントの交換サイトを利用し、省エネや住宅環境に配慮された商品や、健康関連商品や子育て関連商品等と交換する事が出来ます。

次世代住宅エコポイントを欲しい商品と交換する方法

消費税は2019年10月に10パーセントへと増税されましたが、政府は消費の落ち込みを抑える目的でさまざまな景気対策を実施しています。そうした中でも特に高額な買い物となる住宅に関しては、次世代住宅エコポイント制度が行われます。次世代住宅エコポイントとは省エネ性や耐震性・バリアフリーなど一定の性能要件を満たすことで、住宅の新築・リフォームに伴って最大35万ポイントが付与される制度です。
キャッシュレス決済に伴うポイント還元なども含め、政府の打ち出す景気対策は仕組みがわかりにくい面もあります。次世代住宅エコポイントは指定された特定の商品と交換することで、ポイント還元に相当する恩恵を受けられる仕組みです。交換対象となる商品には省エネ・環境配慮に優れた商品に加え、健康関連・子育て・防災関連商品などが含まれます。
政府の設定したそれらのカテゴリに従って商品を検索しても、自分の欲しい商品を見つけ出すには手間がかかるものです。次世代住宅エコポイント制度がスタートしたことで、専門の商品交換サイトも次々と登場しています。一般の通販サイトと同じようなカテゴリで商品を掲載している次世代住宅ポイント交換サイトを利用すれば、豊富な商品の中から欲しい品を効率的に選べるようになります。

二世帯同居の家庭の次世代住宅エコポイントの活用法

最近では質の高い中古一戸建てが増えていますが、それでも入居前にリフォームする必要があります。また広い一戸建てを買って二世帯で暮らすときには、次世代住宅エコポイントがもらえるリフォームプランを選ぶべきです。二世帯住宅では乳幼児から高齢者までが同居することも多く、特にバリアフリーにこだわった改造プランが好評です。
また次世代住宅エコポイントが適用される施工プランを選ぶと、実質的な工事費用を大幅に減らすことが可能です。特に自宅をフルリフォームするときには、ポイントがもらえるメリットを誰もが実感できます。一方で付与されたポイントを有効利用するためには、賢く次世代住宅ポイント交換サイトを利用することが重要です。サイト内では様々な商品と引き換えることが可能であり、特にリフォーム後の暮らしに役立つ家電を選ぶ人が多いです。
しかし育ち盛りの子供がいる世帯は、食品と引き換えて食費を節約したいと考えています。次世代住宅エコポイントで最新の大型洗濯機を手に入れると、家族の人数が多い二世帯住宅でも、家事全般が効率的に行えるようになります。生活の利便性を考えて商品を選ぶと、子供の世話や高齢者の介護で多忙な世帯も、日常的な負担を軽減できます。

headline

カウンターキッチン

家族で上手に次世代住宅エコポイントを活用するコツ

年季の入った中古一戸建てを買うときに、次世代住宅エコポイントが使える方法でリフォームする人が増えています。また次世代住宅ポイント交換サイトを利用することを前提に、事前にもらえるポイントを計算して施工プランを決めるべきです。予算が限られている場合にはフルリフォームは難しいですが、必要な個所を選んでメリハリのある施工を行うことは十分に可能です。特に…